急な出費にはカードローン

生活費や交際費などは、比較的毎月の給料が一定で分かりやすいので必要金額を計算してやりくりをして使う事が出来ますが、急なお祝いのために使うお金は用意するのに特に困ります。

結婚や出産でのお祝い金を直接渡す事が難しく郵送する場合などは、ご祝儀だけで済むのですが直接持っていく場合になると手ぶらで行く訳にも行かないので相手の好みに合わせて手土産を選んだり、交通費など多くの出費が重なり用意するのに苦労します。

毎月決まって積み立てが出来ていればそちらから出す事もできるのものですが、なかなか貯金するというのも難しく急な出費の時には本当に困ります。
急な出費に困った時には、旦那に内緒でカードローンです。
パート勤めの私でも審査に通りましたし、専業主婦の人でも審査に通るらしいですよ。

※参考サイト⇒≪主婦ローン

うちでは自分の友人や親戚のお祝いの場合には、”自分のお小遣いとして貰っている金額”と”食費として置いてある金額”から出して、食費としての予算が減った分毎日の食費を削りながら生活するようにしています。
旦那の知り合いや親戚のお祝いの場合などには旦那の小遣いから半分は出してもらうように心掛けています。

しかし、そうしていてもどうしても足りないという場合には、生活費から出しておいて家にある不必要そうなものを売ってお金を作るようにしています。

最近では携帯を変えたので以前使っていたiPhoneやガラケーなどを売りました。
箱なども置いておけば、さらに金額も上乗せして買い取ってくれました。

旦那の昔の趣味で集めた漫画やCDといったものもたくさんまだあるので、今後お金が必要になった時にはそのタイミングで売ろうと考えています。
やはり売るタイミングや場所によって大きく金額も変わってくるので、流行りがあるものははやりが続いているうちに売ったり漫画やCDといった昔のものになるとフリマアプリなどを使ってファンの人に高く買ってもらったり、少しでもお店でプレミアとして扱っているのであればまとめて売ってしまうより事前に調べておいて高く買い取ってもらえるように心掛けています。

売れるものも限られているので、いかに高く売れるかがポイントになっています。”